カナダガチョウダウンジャケット

コナカイガラムシ類
なしに寄生するコナカイガラムシ類として、クワコナカイガラムシとマツモトコナカイガラムシが主な種ですが、このほか、フジコナカイガラムシ、オオワタコナカイガラムシなど数種が知られています。カイガラムシは繁殖力が旺盛ですが、アブラムシのように爆発的に増殖するわけではなく、また、多数の有力な天敵がいるので、これを保護するような管理方法を取れば、被害を軽減できます。薬剤防除の場合は、冬季にマシン油を散布するか、成虫は薬剤が効きにくいので、幼虫発生期に合わせ薬剤散布します。

クワコナカイガラムシ(桑粉介殻虫) Pseudococcus comstocki
クワの他、リンゴ、ナシ、ブドウの害虫として知られており、イチジクにも寄生します。
雌は4mm程度の褐色の楕円形で、体表は白色のロウ物質で覆われています。尾端の一対のロウ物質は尻尾のように長く伸びています。ロウ物質で覆われた卵嚢内の卵で越冬し、春先から年3回ほど発生しますが、斉一でなく、異なる生育段階が混在します。新梢部や果実など各部に寄生しますが、果実袋内に侵入して繁殖すると、すす病を起して果実を汚損し、また着色不良や変形果の原因となります。果実の上側の梗窪(こうあ)部や底の蔕窪(ていあ)部に好んで寄生します。

マツモトコナカイガラムシ(松本粉介殻虫) Crisicoccus matsumotoi
雌は4mm程度の褐色の楕円形で、体表は白色のロウ物質で覆われていますが、クワコナカイガラムシのように長くは伸びません。
幼虫で樹皮の隙間などで越冬し、春に芽の基部に移動して寄生します。春先から年3回ほど発生しますが、地下部でアリに保護されて生活するものもあります。他のカイガラムシと同じく、新梢部や果実など各部に寄生しますが、果実袋内に侵入して繁殖すると、すす病を起して果実を汚損し、また着色不良や変形果の原因となります。
地下部の被害は見つけにくいですが、地上部に多発している場合はこちらも疑う必要ã ckzxctwz. canada goose donneŒã‚ります。


カナダガチョウダウンジャケット

カナダのガチョウジャケット
canada goose mitts
Canada goose paris
baby goose
canada goose mænd